男子によく似合う結婚指輪

“結婚指輪のことなんか良くわからないし、店で選ぶのも恥ずかしい”と、 指輪選びの全てを彼女にお任せしてしまう男性は少なくありません。

もちろん“全部好きなのに決めていいよ”という優しい男性も多いのですが、 結果としてあまり似合わない指輪を購入してしまい、せっかくの指輪をすぐに着けなくなって しまうのはもったいないですね。

やはり、男性も結婚指輪選びに参加して、二人ともが満足できるセレクトをしたいものです。
では、“男子に良く似合う結婚指輪”とはどのような指輪なのでしょう。
そしてそれを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?


男性の場合、通勤時間を含め職場にいる時間が長いので、その服装に似合う結婚指輪を選びましょう。
シックなスーツで仕事をしているのに、女性の好みを優先してファンシーな可愛いリングを買ってしまったら、 やっかいなことになります。休日にカジュアルな服装で店舗をまわったりする場合、油断しないことですね。


また、ピカピカ光沢のある指輪に職場に着けていくのが、どうしても抵抗があるという場合には (着けているうちに光沢は抑えられ自然な風合いになってくるものですが)、 つや消しタイプの指輪を検討するもの良いかもしれません。
この場合、同じデザインで女性はつやあり、男性はつや消しというペアもおしゃれで、お勧めです。


男子によく似合う結婚指輪デザインに関しては、何と言っても“シンプルイズベスト”。
流行り廃りのない、定番的なデザインこそ、男性の手にはふさわしいと思います。
むしろデザイン以上にこだわって欲しいと、最近特に思うのが、実際に指に着けた時の 全体のバランスでこれが“男子に似合う結婚指輪選び”の一番のポイントかもしれません。


通常の店舗に置いてある結婚指輪サンプルのサイズは、男性用が16号、女性用が10号前後のペアーで、1種類のサイズしか置いてないのが一般的です。
ところが、最近の男性の指のサイズにはものすごく差があるのです。
草食系男子の台頭で10号の細い指の男性もいれば、30号近い太い指の男性もいます。
こうなってくると、16号のサンプルだけでは自分の手、指と指輪のバランスが まったくわからず、似合う指輪を探すのは困難です。

もちろん、大きな手、太い指の男性には幅の太い結婚指輪が良く似合う。
女性と同じような幅の指輪を選ぶと、糸のように貧弱に見えてしまい、とても長い間着けることが出来ません。
では、草食男子は細い華奢な指輪に限るかと言うと、こちらも案外、幅の広い指輪が似あったりします。
要するに、たくさんの指輪を実際に試してみなければ、自分に似合う指輪はわからないのです。

つまり面倒がらずに、時間をかけていろいろ試すのが、“良く似合う結婚指輪”を探す方法なのです。
ブラシュケルでは男性が恥ずかしがらすじっくり検討できるように、サンプルリングの7日間無料貸し出しサービスを実施、 5000組以上のカップルにご利用いただいています。
サイズも豊富なので自分の指に合う指輪を試すことが出来ます。
彼女と二人きり、自宅で結婚指輪のことをゆっくり考えるのは、至福の時間に違いありませんね。