一生モノの着け心地ナチュラルフィット

10年後も満足出来る結婚指輪とは



「結婚指輪は一生モノ」とよく言われますが、結婚式やウェディングドレスと違って、指輪はカタチとしてずっと残るから、
購入してから10年はつけられる指輪を選びたいものですね。
ところが、ローマ時代から2000年も残っている結婚指輪が存在するのに、実際に10年つけられている指輪は
意外に少ないのが現状なのです。
それでは、10年間ずっとつけられて、満足出来る結婚指輪とはどのようなものでしょうか。


後悔しない結婚指輪とは
~シンプルで飽きのこないデザインであること~


あなたのまわりにも、何十年も結婚指輪をつけている人がいると思いますが、それはどのような指輪でしょう?
きっと、シンプルなデザインで、かなりボリュームのあるリングだと思います。

結婚指輪のデザインにも流行がありますが、いつの間にか見なくなってしまうものが大半なので、
長くつけることを考えるのならば、飽きのこないシンプルなデザインを選ぶことが大切です。
シンプルなデザインの結婚指輪ならば、冠婚葬祭にもつけることが出来ますね。


~シンプルな指輪には完成度が求められます~

では、シンプルなデザインであれば良いかのかと言うと、そんな簡単なことでもありません。
実はシンプルな指輪ほど奥が深く、フォルムや仕上げの完成度を問われるもので
それが不十分だと、平凡なつまらない結婚指輪になってしまうのです。

長く着けられる結婚指輪には、どこから見ても美しいような、全体の完成度の高さが求められます。
その上で、指輪の内側に入れる誕生石や刻印(メッセージ)の内容に二人だけのオリジナリティーを加えれば、
より愛着の持て長く親しめる結婚指輪になるのではないでしょうか。


~毎日の指輪だから、つけ心地が良いこと~

結婚指輪は、一日中つけっぱなしにするリングなので、つけ心地も大切なポイントです。
つけて違和感を感じるような指輪では、とても長くつけることが出来ません。
特に、指輪に慣れていない男性は注意したいものですね。
指輪の内側にも配慮され、なめらかなつけ心地の結婚指輪を選びましょう。


シンプルなほど奥が深い

~その指輪、似合ってますか?~

これは誰も言わないことだけど、重要なこと。
長く使うものだからこそ、結婚指輪は自分たちの指に似合うものでなければなりません。
どんなに立派な指輪でも、似合わなければ恥ずかしくなってしまいますね。
似合う結婚指輪を探すのは、少し大変かもしれませんが、じっくりと愛着の持てる結婚指輪を探しましょう。


~長く使うためにメンテナンスが可能なこと~

10年たてば体型が変わるように、指のサイズが変化するのも当たり前のこと。
簡単にサイズ調整が出来ることは、長く楽しむ結婚指輪に欠かせないことです。
いつでもどこでもメンテナンスが出来るように、スタンダートな素材、製法で作られていることが大切です。


~一生モノの結婚指輪を選ぶために~

長く使える結婚指輪には、いろいろな条件がありますね。
それでも、二人の大切なリングだからこそ、良く考えてじっくりと選びたいものです。
ではどうすれば、一生モノの結婚指輪を選ぶことが出来るのでしょうか?
私たちもお手伝いいたしましょう。