結婚指輪の素材(プラチナ、ゴールド)のそれぞれの特徴を教えてください。

ブラシュケルでは結婚指輪の素材として、PT900(プラチナ900)、K18WG(18金ホワイトゴールド)、K18YG(18金イエローゴールド)を使っています。それぞれの特徴を以下にまとめました。素材選びのご参考になさってください。

* PT(プラチナ) …やわらかく、比重が大変重い、希少で価格が高い金属、永遠の白さと純粋性があると 女性に人気。

* K18WG(ホワイトゴールド)…純金に合金としてパラジウム、銀を使い銀色に仕上げた金属。 PTに比べ軽く、傷も付きにくい

* K18YG(イエローゴールド)…純金に合金として銀と銅を使い、金色に仕上げた金属。
PTに比べ軽く、傷も付きにくい。ヨーロッパや欧米では人気の色。

プラチナもゴールドもジュエリーに使われる素材で、どちらも安定した金属なので、さびることが無く、 比重が高くずっしりとした存在感があります。
おばあちゃんの指輪を見れば分かるとおり、どちらも何十年もの使用に耐えられる結婚指輪にふさわしい素材です。

ブラシュケルのプラチナ(PT900)は、

プラチナ・・・90%、パラジウム・・・10%

ホワイゴールド(K18WG)は、
金・・・75%、銀・銅・パラジウム・・・25%

イエローゴールド(K18YG)は、
金・・・75%、銀・銅・・・25%  の配合となります。

ブラシュケルでは、全てのデザインをお好みの素材でオーダーすることが出来ます。
お二人のスタイルにふさわしい、素材をお選び下さい。

> 好きな素材でオーダー出来る結婚指輪デザイン一覧はこちら



>> 結婚指輪 BlåCykelトップページ