マリッジリングはだれが買うものですか?

婚約指輪(エンゲージリング)の場合は、男性が女性に贈るものなので、男性が代金を支払うのが一般的ですが、結婚指輪(マリッジリング)の場合はいくつかのパターンがあります。

まず、婚約指輪と同様に男性が全額を支払うパターン。
二人で分割する場合では、お互いのリングを相手が支払う(リングを贈りあう)、 自分の指輪代金を負担する、総額の半分ずつを支払う等です。
また、結婚指輪は2人で一緒に着けるリングなので、結婚準備資金に含まれている場合もあるようです。

最近では、入籍後や結婚後に落ち着いてから結婚指輪を購入するカップルも少なくないので、 そうなると二人の家計からの支出ということになりますね。

この件で悩まれている男性は少なくないようですが、特に決まりはなく、どちらが一般的とも言い切れないのです。 お金の話しなので、言い出しにくいかもしれませんが、このような問題はこれから一生のうちで何度も出てくるはず。少しだけ思い切ってお二人でご相談されてはいかがでしょうか。

> 一番人気の結婚指輪で価格帯を確認してみよう



>> 結婚指輪 BlåCykelトップページ