結婚指輪(マリッジリング)のデザイン

結婚指輪のデザイン・フォルムは、大きく分けて3種類あります。

・真っすぐなストレートライン

・波を描いたウェーブライン

・Vの字になったV字ライン

ベースはこの3種類となり、リング表面にダイヤモンドがあしらわれていたり、
表面をつや消し加工したり、ミル打ちが施されたり、バリエーションが増えていきます。

真っすぐなストレートラインの結婚指輪は、一般的に誰にでも似合う結婚指輪で、
バリエーションも一番豊富なのではないでしょうか。
また、シンプルなストレートラインだからこそ、フォルムや着け心地にこだわって
完成度の高い美しい結婚指輪が求められます。

たとえば、ブラシュケルのHyggeヒュッゲ。

一見、どこにでもあるような指輪ですが、なめらかで優しい着け心地にこだわり、
シンプルで美しい結婚指輪を完成させました。

ただ真っすぐなラインの結婚指輪でも、指の形や表情は人それぞれですので
似合うリング幅も違ってきます。
華奢な指には細身のリング幅が似合うだろうし、
男性のように関節が太くてしっかりとした指の表情だと
ある程度のリング幅があった方が、お似合いになるかも知れません。

真っすぐなストレートラインの結婚指輪は、シンプルゆえ奥が深いです。
いろいろと試着をして、自分に似合うリング幅を見つけましょう。
111010_ring

更新:2011年10月10日