2017夏の北欧⑧ソーダーシャールの灯台③

さて、「トーベと海」展、灯台頂上での景色を楽しみ、
地上へと戻ります。
DSCN0283


ソーダーシャール島までの航路でも感じましたが、
フィンランドの海には小さな島のような、大きな岩のような…
そういったものがたくさん目に見えます。
ソーダーシャール島もいくつかの群島になっており、
橋を渡り、足を踏み入れることが可能です。
DSCN0287
少し見た目に不安な桟橋。
注意深く渡ろうとすると、
DSCN0297
「Max. 3 person」の看板が目に飛び込んできます。
少し先にひとり渡っているのを確認し、足元に気をつけながら渡ります。
ソーダーシャール島は自然保護区になっており、
島の生態系を守るため自由な立ち入りは原則禁止されております。
(このような予約制のクルーズは可能)
ごつい岩盤から可憐なお花がたくさん咲き誇り、
渡り鳥でしょうか、名前は分かりませんがたくさんの生命が確かにあります。
DSCN0291

群島からも灯台を眺めてみましょう。
DSCN0288
DSCN0295
先ほど、灯台の歴史を写真でたくさん見てきたので
ここには確かに人々の営みがあったんだなぁ、と想像をめぐらせます。

そうしているうちに、小さな島に移り住み、ムーミンパパが灯台守になる決意をし、
ムーミン一家の奮闘生活が脳裏に浮かんでくるのでした。

更新:2019年01月17日