結婚指輪の選び方300選

結婚指輪の素材のよくあるご質問

結婚指輪のコンビ素材とは? - 33,925 Total Views

少し前だと、結婚指輪の素材と言えば、 プラチナが主流で大変人気がありましたが 現在ではゴールド(ホワイト/イエロー)を はじめ、結婚指輪の素材として使用される 金属は多種多様にわたり、選択肢がとても 増えました。 コンビ素材の結婚指輪とは、 異なる素材を2種類合わせて 製作された結婚指輪です。 ホワイトゴールド(銀)とイエローゴールド(金)など 色味が異なる素材を合わせます...

結婚指輪素材のプラチナ純度とは? - 33,480 Total Views

結婚指輪の素材として人気が高いプラチナ。 プラチナ1000、プラチナ900など、 様々な純度のプラチナがありますが、 どのように選択すれば良いのか悩みますね。 まず、1000や900などの数字が プラチナの純度を表しています。 プラチナ1000は、ほぼ100%プラチナです。 (実際には99.9%ぐらいになります) プラチナ900は90%がプラチナで、 残りの10%は、割金とし...

ゴールドの結婚指輪は変色する? - 34,395 Total Views

24金の純金ゴールドは、 変色の心配がない金属です。 結婚指輪などジュエリーの素材として 多く扱われるゴールドは18金が多いです。 割金を配合して、加工しやすくするのですね。 ゴールド(K18YG)(金色)の配分は、 金75%に、残りの25%は銀・銅です。 何十年と愛用する中で、空気中に含まれる 成分や、汗の成分などにより、 結婚指輪に含まれている銀や銅が反応し、 変色...

結婚指輪素材の強度とは? - 36,011 Total Views

結婚指輪は、多くの方がほぼ毎日着ける ものですから強度が高いものを 選んでいただきたいですね。 それぞれの素材の強度について、 確認していきましょう。 まずはプラチナ。 根強い人気のプラチナは、変色や変質の 心配がないことから、丈夫な金属と 思われがちですが、素材の中では 大変柔らかい金属です。 柔らかい金属なので、ジュエリーに加工を した際にV字ライン、ウェーブラインな...

ホワイトゴールドの結婚指輪でメッキなしは大丈夫? - 36,997 Total Views

ホワイトゴールド(K18WG)の結婚指輪には、 最後の仕上げの工程でロジウムコーティングが 施されます。 いわゆる「メッキがけ」と言われるものですね。 このロジウムコーティングにより、 美しい銀色の結婚指輪に仕上がるのですが、 このメッキがけをしないで仕上げることも 可能です。(弊社でもご希望のお客様には 「メッキなし」にて承っております。) メッキをしないとどのように仕...

結婚指輪の素材の人気は? - 36,740 Total Views

日本での結婚指輪の素材として人気が高いのは プラチナ(PT)です。 純度90%のPT900が多いでしょうか。 これは、プラチナは柔らかい素材ですので、 パラジウムなど合金し、強度や耐久性を高めて います。 プラチナは、変色や変質の心配がない素材 ですので、永い間、毎日着ける結婚指輪の 素材として適しています。 また、耐久性に優れ、化学的にも安定しているので 永遠に白い輝きを...

10金と18金の結婚指輪の違いは何ですか? - 20,324 Total Views

結婚指輪を含む、ゴールドジュエリーの 世界的な標準素材は18金(K18)で こちらは75%の金を含む金属です。 (純度100%の純金が24金(K24) なので、18/24=75%です 残り25%は銀や銅が含まれます) 日本でも従来は18金以外の ゴールドジュエリーを見かけることは 少なかったのですが 金の価格が大幅に上昇したために コストを抑えることを目的に 金の含有...

結婚指輪の素材の違いは何ですか? - 21,831 Total Views

結婚指輪に使われる素材は、様々あります。 一般的に多いのは、プラチナ(PT900)、 ゴールド(K18WG/K18YG)です。 まず、結婚指輪の素材の違いのひとつに 「色味」があります。 プラチナやホワイトゴールドのように、銀色。 イエローゴールドの金色。この2色が主流ですね。 ホワイトゴールドとイエローゴールドを合わせて コンビ色のものや、ゴールドには、 ピンクやグリー...

結婚指輪にふさわしい素材は何ですか? - 24,749 Total Views

婚指輪の素材として、おすすめ出来るのは プラチナとゴールド(K18)です。 (ホワイトゴールド/イエローゴールド) これらは長い間、世界中で愛用されているもので、 それはこの先も大きく変わらないでしょう。 安定した素材でさびたり、変色等起こりくく、 加工が容易であることが人気の理由です。 また、サイズや変形直し、何かあったときの 修理も安心です。 年齢を重ねますと、...

変形しにくい結婚指輪とはどのようなものですか? - 19,417 Total Views

プラチナやゴールドはやわらかい素材なので、 絶対に変形しないということはありません。 毎日結婚指輪を着けていると、知らず知らずの うちに力が加わっていたり、スポーツや車の運転、 自転車の運転でも変形の原因になりえます。 また、充分な厚みが確保されている結婚指輪は 変形しにくいものです。 「将来太るかもしれない…」と、ゆとりのある サイズでリングを選ばれる方もいら...

鍛造の結婚指輪の方が良いのですか? - 17,895 Total Views

鍛造の結婚指輪は、 金属に力を加えて 成形すると共に金属組織を強くします。 本来は、いろいろな金属で、用途も大小 さまざまに使われる加工法です。 キャストの場合は、金属組織を強くする工程が ありませんから、まったく同じ形状で比較すると、 鍛造の指輪の方が丈夫ということになると 思います。 キャストの結婚指輪も、十分な厚みが確保できて いたら変形しやすいなんてこ...

ホワイトゴールドの結婚指輪は変色しませんか? - 17,108 Total Views

プラチナ(PT)のリングは、比較的安定している 金属を使用しているので変色することはほとんど ありませんが、ゴールド(18金)のリングは 含まれる銀が化学反応を起こして変色すること があります。 硫黄と反応することがあるので、指輪を 着けたまま天然温泉に入ってはいけません。 土いじりなども注意が必要です。 ホワイトゴールドの結婚指輪は、仕上げの工程で ロジウムメッキを施してい...

プラチナ、ゴールド以外でどのような素材の結婚指輪がありますか? - 17,639 Total Views

金属では、シルバー、チタン、タンタル、 ステンレス等、金属以外では木の結婚指輪も あります。 それぞれ特色があり、オリジナリティが出て 面白いと思いますが、プラチナ、ゴールドが 一般的なのは容易にメンテナンスが出来る からです。 長く愛用される結婚指輪には、 メンテナンスが不可欠だと思います。 文責:海堀明香 ...

プラチナ500、プラチナ200という素材がありますが? - 16,913 Total Views

それぞれプラチナを50%、20%含有した 素材で、バリエーションもいろいろあります。 プラチナ価格が高騰したので割安な素材として 登場しましたが、長い目でメンテナンス等を 考えるとマリッジリングには向かないと考えます。 やはり、必要な場合に購入店舗以外でも サイズ直しやメンテナンスを行ってもらえる 一般的な素材が結婚指輪にはおすすめです。  文責:海堀明香 ...

ゴールドの結婚指輪はどうして18金なのですか? - 15,893 Total Views

純金(K24)では柔らかすぎて、指輪に 向かないため、銀や銅を25%配合して 加工しやすい合金(K18)にするのです。 世界的に見ても、ゴールドのジュエリーは 18金が標準です。 最も馴染みのあるイエローゴールド (K18YG)の場合では、 銀と銅がほぼ同量加えられます。 銅の割合が多いと、赤い色味が強くなってきて、 ピンクゴールド(K18PG)になります。 パラジウム...

プラチナやゴールドの結婚指輪は変形しますか? - 17,797 Total Views

どちらも柔らかい素材なので、重い物を持つ、 ドラムを叩く等、ハードな使い方をすれば 変形してしまいます。 例えば、コンサートなので強く拍手をした場合 にも変形が起こる場合があります。 サイズが合っていないリングも、変形してしまう 可能性が高いです。 他にも車や自転車の運転などでも変形してしまう 可能性があります。 (思わず力が入り、ぐっと握ってしまうような場合) ...

プラチナやゴールドの結婚指輪に傷は付きますか? - 22,479 Total Views

プラチナやゴールドは大変やわらかい素材なので、 日常生活の中で使用していて、傷が付くことは 避けられません。 結婚指輪は、毎日長時間着けているリング ですので、故意にぶつけたりしなくても 知らず知らずのうちに、小さな衝撃や摩擦が ありますね。新婚旅行で、重いスーツケースを 持つと、おそらくそれだけで細かなキズが ついてしまうと思います。 リングにキズが刻まれると、最初は驚いて...

プラチナ1000の結婚指輪が良いのですか? - 16,130 Total Views

プラチナ1000とは、ごく微量の金属を混ぜて 加工しやすくしたプラチナのことです。 過去にも大ブームになったことがありましたが サイズ直し等の加工に問題があり 廃れてしまいました。 取扱店舗の多いプラチナ900は、パラジウム・ 銀などをまぜたプラチナ90%の合金で、 強度を高くしたものです。 プラチナ900やK18など、比較的取り扱って いる店舗が多い素材の方が長い目で見て ...

ピンクゴールドの結婚指輪は大丈夫ですか? - 15,963 Total Views

ファッションジュエリーでピンクゴールドの 人気が広がったことから、若い世代を中心に、 ピンクゴールドの結婚指輪も登場しています。 ピンクゴールドは銅を多く含むことから加工が 難しく(非常に硬い)、極端なサイズ直しや加工に 向いていないことにご注意ください。 日常使いには問題ありませんが、 サイズ直しや修理などのアフターケアを 受けれない可能性がありますので、 購入店舗で事前...

ホワイトゴールドとプラチナはどう違うのですか? - 16,559 Total Views

プラチナを翻訳すると”白金”となるので 混同されるのですが、まったく別の素材です。 プラチナ(Pt)はもともと銀色の金属です。 採出量が少なく希少性があり(価格が高い)、 比重が重い金属です。 変色や変質の心配があまりなく、日本や中国など アジアでは結婚指輪の素材として一番の人気です。 永遠に白い輝きを保持することができること からも、ブライダルリングにふさわしい素材だと 人気が...

シルバーの結婚指輪ではいけませんか? - 17,250 Total Views

結婚指輪の素材に決まりはないので、 お二人が納得されているのであれば まったく問題ありません。 シルバーの場合、酸化して黒く変色しやすい という問題はありますが、専用のポリシング クロスなどで、こまめにお手入れすれば 大丈夫です。 カップル時代にボリュームのあるペアリングを 楽しんだ方も多いでしょう。 お二人が気に入った結婚指輪を選んでくださいね。 文...

結婚指輪は、ペアで同じ素材でないといけませんか? - 17,138 Total Views

結婚指輪はペアで同じ素材でないといけない というルールはありませんし、ペアで異なる 素材の結婚指輪は、めずらしくありません。 多いのは男性が銀色(プラチナ・ホワイト ゴールド)女性が金色(イエローゴールド) の組み合わせです。 予算の関係などから、プラチナとホワイト ゴールドというケースもあります。 プラチナとホワイトゴールドに、 見た目の違いはありません。...

パラジウムの結婚指輪とは何ですか? - 17,576 Total Views

パラジウムが銀色でプラチナに似ていて、 安価な素材であることから登場しました。 一般的な素材とは言えないので、サイズ直し等の 加工が出来るところが限られると思われます。 永く愛用していく結婚指輪の素材としては、 お勧めではありません。 結婚指輪プロデューサー:渡部博行 ...

14金と18金の結婚指輪は何が違うのですか? - 19,193 Total Views

ゴールド(金)はとても柔らかい素材なので、 結婚指輪、ネックレス等に加工する際には 銀や銅を加えて、加工しやすく、 また、日常使いが容易なようにします。 ゴールドジュエリーの世界的な標準は 18金で、これは75%のゴールドに 25%の銀や銅を加えたものです。 日本でも長年、ゴールドジュエリーは 18金(K18)のことでした。 ちなみに100%ゴールドの純金は 24金なの...

ホワイトゴールドにはメッキがしてあるそうですが剥がれませんか? - 17,514 Total Views

ホワイトゴールド(K8WG)は、ゴールド75%に パラジウム・シルバーなどの金属が25%配合 された、銀色の合金です。 (ブランドによって25%の部分の金属配合は様々です。) ほとんど多くのホワイトゴールドは、 ロジウムという白銀色の金属をコーティング (メッキ)して仕上げます。 「ホワイトゴールドは黄色くなる」と言われる のは、表面のロジウムメッキが取れてしまい、 下地の金...