結婚指輪の選び方300選

結婚指輪のデザイン、リング幅とは?

結婚指輪のデザインを選ぶ際、
リング幅はどれぐらいあると安心でしょうか。

何度もお話させていただきましたが、
結婚指輪は、何十年と愛用されることが多いので
ある程度の耐久性が必要ですね。
そのため、あまりに細すぎるデザインは
長い目で見てもお勧めできません。
もちろん、好みの問題もありますので、
自分が一番良いと思ったデザインをお選び
いただくことが良いのですが。
細すぎるデザインだと、ダイヤモンド入れや
リング内側への石入れが、できない場合も
ありますので、要確認です。

また、男性の手や指は、
女性に比べますと関節がしっかりしていたり、
手のひらが厚かったりと、ずっしりとした
印象の場合も。
例えば、20号サイズの薬指には、
華奢なデザインはしっくりこないように思います。
不意に加わる力も女性とは異なりますから、
ある程度のリング幅、ボリュームがあると安心です。

ブラシュケルの結婚指輪デザインで例えますと、
こちらのToriトリ。
100917-havn
S幅・L幅のご用意があります。
上のリングがS幅、下のリングがL幅なのですが、
女性リングがS幅、男性リングがL幅を
選ばれるケースが多いです。
女性リング幅より、男性リング幅が太いと
ペア感も増して、お勧めです。

もちろん、写真などのイメージだけでは
想像しづらいので、色々なリング幅の種類を
着け比べてみて、自分の指に似合うリング幅を
見つけられてくださいね。
文責:海堀明香


-27,703 Total Views