結婚指輪の選び方300選

結婚指輪のダイヤモンドカラットとは?

ダイヤモンド入りの結婚指輪を選ぶ方も
今ではたくさんいらっしゃると思います。
ブラシュケルでも、ダイヤモンド入りの
結婚指輪はやはり人気です。

ふと手を目にしたときに、
キラリと控えめに輝くダイヤモンドに
思わず笑みがこぼれそうになります。

結婚指輪のダイヤモンドカラットは、
どれぐらいが良いのでしょうか。
婚約指輪とは違い、毎日のように
長時間着けっぱなしにするものですから、
0.2カラット、0.3カラットなどの大きな
ダイヤモンドがあしらわれていると
ぶつけたり、衝撃が心配です。

ハーフエタニティやエタニティリングのように
ダイヤモンドが美しく並んでいるデザインが
結婚指輪に選ばれることもあります。
こちらはダイヤモンドひとつひとつのカラットは
大きくありませんが、(合計カラッとが刻印されます)
ダイヤモンドがそのままむき出しになっている
デザインなどは注意が必要ですね。
日常使い、着けっぱなしには向かないかと
思います。

結婚指輪のリング幅に対して、
ダイヤモンドの大きさがはみ出ることがなく、
しっかりと留められているものが安心ですね。
(ダイヤモンド一粒の大きさですと、
0.1カラット未満ぐらいになるでしょうか)

実際に試してみて、ダイヤモンドを留めている爪の
ひっかかりはないかなど、確認してみてください。

文責:海堀明香


-26,523 Total Views